スポンサーリンク
『ちょいと気になるイマドキ語』

デザイン芸人が選ぶ「今年の新語2018」大賞は「なさそう」【選評】

こんにちは。発表します。あまりヒマじゃなくなったおっさんデザイン芸人が選ぶ「今年の新語(ジラ)2018」大賞は、なさそうです。「該当語なし」という意味じゃないですよ。「なさそう」が大賞です。授賞理由以下の3点が、その理由です。「なさそう・す...
雑な議論

日本語「ない」の活用に付く「さ」4つの謎を解く

こんにちは。通説がなさそうなのをいいことに、雑な根拠で語ります。「ない」4つの謎日本語の「ない(無い)」に「そう」「すぎる」をつなげるときなさそうなさすぎるとなります。謎です。「さ」が謎です。「さ」のここが謎です。なぜ「さ」が入るのか?そも...
知らんがな

日本人の9割が知らない共感のしくみ(2)

みちゃこの共感講座、後編です。世の中の「共感」が混乱しています。違いは当面違いのままとして、共有しておきたい基本的考え方を整理します。後半では、共感がたどった道のりをひもとき、そこに影響を与えた意外な要因を明かしていきます。共感してください...
知らんがな

日本人の9割が知らない共感のしくみ(1)

みちゃこです。共感してください。 【みちゃこ】共感のうた【呪いのメロディ】(2009/05/20付) 要約:Executive Summary日本語の「共感」には、大きく分けて2種類あります。シェアは、だいたい9対1です。(弊社調べ)です...
『ちょいと気になるイマドキ語』

「青色吐息」な人たち2008-2018【Tweetまとめ+】

世界に福をもたらすために舞い降りた見習い天使、まねきケチャです(ウソ)。画像はまねきケチャ公式サイトよりこの記事で言いたいことこれってありかな?『ありかもね』ありよりのあり 《ありよりのあり》(詞:古谷完, 2018) 「青色吐息」の発見ま...
『ちょいと気になるイマドキ語』

一段落、「ひと段落」でいいじゃない

こんにちは。用件はタイトルのとおりです。 ネット世間ではどういうわけか、 一段落を「ひとだんらく」と読むこと 「ひと段落」と書いたり言ったりすること を「間違い」「誤り」とする説がそこそこ信じられています。 たとえばGoogleで「一...
雑な議論

日本語の「いち」と「ひと」の違い

こんにちは。 日本語の「いち」と「ひと」の違いについて考えてみました。 結論 日本語の「いち」と「ひと」の違いは、「数え続ける意志」に集約されます。 意志の明確さによって、「いち」と「ひと」を使い分けます。 ※...
『ちょいと気になるイマドキ語』

素人をメディアが煽る「ひと段落」叩きの構図

こんにちは。 この世間ではどういうわけか、 一段落を「ひとだんらく」と読むのは誤り という説がそこそこ信じられています。 信じるだけなら好きにすればいいと思いますが、信心深さが高じてなのか、「ひと段落」への攻撃もTwitt...
雑な議論

disってくる親への言い返し方は「指摘・確認」

こんにちは。ちょっとした生活の知恵を紹介します。 要約:Executive Summary ものの本によれば、文句ばかり言ってくる親に対しては、その言い分を指摘・確認して返すのがいいそうです。覚えておきましょう。 ※画像と本文はあ...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

嫁のプロレスラー選手名大喜利2018・新日本プロレス全74名

こんにちは。 なぜか一部の読者層に強烈に支持されている嫁の名前大喜利シリーズ、今回のお題は「プロレスラーの名前」です。 まずはキャッチーなところから、2018年1月末現在、 ホーム > プロフィール: に記載されていた新日本プロレスの全選手...
雑な議論

ハンガリーまで「逃げ恥」を追った話

こんにちは。好きな恋ダンスは恭兵柴田の走り方です。 ざっと検索したところ誰もネタバレさせていないようなので、書いておきます。 調査結果:Executive Summary Szégyen a futás, de hasznos. 『逃げるは...
大喜利社会をめざして

にゃんこスターの18段活用2018【Tweetまとめ+】

どうもー。見てのとおりの競馬オタクでーす。 Teruo Eda (2012) from commons.wikimedia.org 大塚愛さんの名曲《さくらんぼ》にのせて、にゃんこスターを活用させます。 さくらんぼ(スタジオライブver....
大喜利社会をめざして

「ちゃんこスター」な人たち2017/18【Tweetまとめ】

わーい!おいらはちゃんこ大好き少年だよ~。 ちゃんこって最高だよね~! 今日のチャンコ! #尾上部屋 #名古屋 #後援会 あかつさん(@akatsu_sumo)がシェアした投稿 - 7月 2, 2016 at 9:42午後 PDT ...
『色々持たない仮面夫婦と、嫁のハイテンション芸』

悲し「み」はどこにある?―ゲス極夫婦の日本語問答

こんにちは。 知らない間に何者かが嫁のiPhoneからクローンを作って監視していたらしく、プライベートのLINEトークが流出してしまいました。 という「てい」で進めます。 会話形式のスタイルは次の各記事を参考に実装しました。ありがとうござい...
知らんがな

[w. English subtitles]ベルギーの知り合いが出た「ロザンの道案内しよッ!」書き起こし(2017/12/26 OA)

こんにちは。バイリンガルで進めます。 Hi everyone. I'd like to make this blog post go bilingual: 日本語 / English 先々週、Twitterで相互フォロー関係にあるアカウント...
大喜利社会をめざして

大人童話「かわいそうな良太郎」クリスマス編

おい、良太郎。 チッ、朝からなにケーキなんか食ってんだよ。おまえクリスマスだからって浮かれてんじゃねえぞ。てめえに食わせるケーキなんかねぇんだ。 コメントくださいってマスコミからまたFAX来てるんだ。わかってるよなおまえ...
『ちょいと気になるイマドキ語』

平成の「シン・忖度」論(1)【読書メモ】

こんにちは。平塚らいてうです。ウソです。 昨今取りざたされている「シン・忖度」、実は平成初期の時点で、忖度はすでにその「シン・忖度」でした。 (平成の)元始、忖度は実に忖度であった。 ひと言でまとめると、そんな話です。 Susan Son...
『ちょいと気になるイマドキ語』

大賞は「インスタ映え」。第2位に「面白切ない」―ヒマなおっさんの今年の新語【ジラ2017】

こんにちは。 ヒマなおっさんの選ぶ今年の新語 「ジラ2017」 は、次のとおりです。 「辞書に載せたい日本語ランキング」の頭文字で「ジラ」です。 企画意図は概ねパクリ元の三省堂「今年の新語」と重複しています。詳しい経緯は下の記事をご覧くだ...
『ちょいと気になるイマドキ語』

「インスタ映え」の物語―今年の新語「ジラ2017」大賞授賞を記念して【選評】

こんにちは。 「インスタ映え」って、いい言葉ですよね。ひと言で言えば、愛らしい。 短いワードに、本当にいろんなものが詰まっています。そこが愛らしく感じられます。 ヒマなおっさんも、今年の新語「ジラ2017」大賞に選びました。 満場一致での選...
大喜利社会をめざして

恐怖!「ひとりで爆笑」を封じる「爆笑黒魔術」の呪い【Tweetまとめ+】

こんにちは。 突然ですが、みなさん、ひとりで爆笑できますか? できない方、それはいけません。ぜひご一読を。 できるけど抵抗を覚える方、それもいけません。同じくご一読を。 ためらいなくできる方、おめでとうございます。健全です。でも将来必...
スポンサーリンク